南島原に新たなシンボルを。

原城の鎮魂のため、40年もの歳月をかけて彫られた10メートルのマリア像を南島原に!

楠の大木からなる10メートルのマリア像は、神奈川県藤沢市の彫刻家
親松英治氏が40年もの歳月をかけて制作。
島原天草一揆により犠牲になった全ての人の魂を弔う
木彫マリア像「マリア観音」となった。

■2024年5月 マリア通信7号を発行しました

  • 2024年2月  マリア通信第6号を発行しました。

    続きを読む

  • 2024年3月  一般公開日のお知らせ

    土日&祝日(13時~16時)開館しております。 事前に事務局までご連絡いただければ、平日でも対応致します。 ご…

    続きを読む

  • 2024年2月  一般公開日のお知らせ

    土日&祝日(13時~16時)開館しております。 事前に事務局までご連絡いただければ、平日でも対応致します。 ご…

    続きを読む

■プレスリリース動画

原城の聖マリア観音像
【日本語字幕】
‘St. Mary Kannon of Hara Castle’
【English subtitles version】

■ご寄付について

いつもたくさんの温かいご支援をいただき、ありがとうございます。南島原世界遺産市民の会では、原城聖マリア観音の製作および維持のために随時ご寄付を受け付けております。是非、みなさまのあたたかいご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

詳しくは下記のリンクに掲載しております。

現在の寄付額

¥60,086,526円 (1,855名)

※2024/5/19更新

■SNS

南島原世界遺産市民の会では、各種SNSを通じた情報発信もしております。
もし宜しければフォローよろしくお願いします。

MENU
PAGE TOP